横浜市都筑区、中川の学習塾・進学塾・個別指導のNPS(中川個人特訓教室)

平日14:30~16:00/土曜日13:30~15:30

menu

blog

塾長ブログ

高校の選択

2022.01.27

まもなく公立高校志願の時期

高校を楽しむか?

大学進学実績で選ぶか?

とりあえず偏差値と内申点ギリギリでいけるところを選ぶか?

 

TOP校の場合、数学が出来ないと授業についていくこと自体がきびしくなります。

TOP校といっても、ゆるいところもあれば、ガンガン進むところもあります。通常、中堅校よりは進度ははやいです。

 

数学が出来ないと、大学は「文系」になると思うのですが、

「文系」は受験者数が多いですから、一般入試の倍率がかなり高騰します。

一般入試の門戸が狭いので、なかなか合格がもらえないこともあります。

一般入試がきびしいとなれば「AO入試」のような「総合型入試(推薦入試)」を狙うことになります。

難関大学の総合型入試は「成績評定」「英検のような資格」が必要なことがあり、

TOP校へいくと、周りの生徒が全員出来ますから、成績は思うようにはいきません。

数学、物理、化学が苦手で「成績2」をとってしまうと、途端に選択肢が狭まります。

 

極端なことをいえば「成績3」くらいの高校へいって、評定を確保すれば、選択肢が狭まることはありません。

日大、駒大あたりの総合型入試であれば、この道も十分ありです。

 

 

理系も総合型入試はありますが、試験を課されることが多いです。

こちらは高校の勉強が出来ないときびしいです。

理系を目指す生徒は、TOP校を目指す価値はあります。

理系であれば入試で数学も使うケースが多いですから、きびしい練習をするにこしたことはありません。

高1開始時点で「進学校の中学受験の生徒に1年遅れ」なので、

横浜翠嵐や柏陽や横浜サイエンスのような、あのくらいのスピードでやっていかないと

大学入試の問題には太刀打ち出来ないと思います。

 

特色検査を課すような高校は、だいたい大学入試を考える生徒が100%といって良いです。

これらの学校では

女子の比率が高いと成績は取りにくくなってきます。

男子の比率が高いと、理系科目のテストが難しい傾向があります。

 

 

高校入試は失敗しても大学受験でリベンジ出来ますから、

きびしい試練を経験するためにも、達成感を得るためにもチャレンジが良いかと私は思います。

 

しかし、いろいろと事情があり、どうしても公立でなければならないこともあります。

最後は後悔しないよう、自分で決断してください。

誰かに決めてもらうのは、そろそろ卒業しましょう。