横浜市都筑区、中川の学習塾・進学塾・個別指導のNPS(中川個人特訓教室)

平日14:30~16:00/土曜日13:30~15:30

menu

blog

塾長ブログ

小学生の学力差、原因は?

2023.01.17

 

問題文が読めない生徒が多くなった。

 

これはいたるところで良く聞く話。

 

これは「スマホの普及」と「動画三昧」で

 

親子間の対話が少なくなったことが原因だろう。

 

 

 

 

 

小学生の学力差

 

先ほど書いた「問題文が読めない」

 

以外にも「集中が続かない」「粘りがない」など

 

 

 

 

これは、どこから生まれているかというと

 

「情報の吸収力」で間違いない。

 

個別指導でも

 

「すぐこちらを向く生徒」と

 

「下を向いて聞く生徒」がいる。

 

 

 

 

 

経験上、これが顕著な差になって出てしまう

 

「すぐこちらを向く生徒」は、すぐ出来て

 

「下を向いて聞く生徒」は、モノにするまで時間がかかる。

 

 

 

 

 

これは、どこに原因があるのか?

 

親子間の対話ではないかと思うんです。

 

 

 

 

対話が多い生徒は、

 

普段から話を聞く環境に慣れているから、

 

すぐこちらを向いて目を合わせ反応する。

 

 

 

対話が少ない生徒は、

 

目を合わせずに、

 

下を向いて上の空になりがち。

 

 

 

 

 

小学生の学力差

 

情報吸収力

 

一番の解決方法は、親が話を聞いてあげること。

 

 

 

子供は

「自分の話を聞いてくれる人が『驚いたり』『笑ったり』のように反応してくれれば、確実に喜ぶ。少なくとも楽しいのだ」

 

話をする、聞くということに対して、臆することなく自然と出来るようになり

 

習慣化し吸収力が高くなっていく。

 

なんか知りたーい!

 

のような力が大きくなっていくのだ。

 

 

 

 

 

子供が

 

そばにいるのにスマホばかり見ている方いますけど

 

普段から、お忙しいこともあるかと思いますが

 

実にもったいないなあと思うんです。