横浜市都筑区、中川の学習塾・進学塾・個別指導のNPS(中川個人特訓教室)

平日14:30~16:00/土曜日13:30~15:30

menu

blog

塾長ブログ

中学受験は量より質で

2022.06.14

中学受験の指導を長くやっていると、さまざまなテキストと巡り合い、さまざまな中学校の過去問と向き合うわけですが、

教室は集団指導ではないので、大手集団塾がやっているような指導法(出来る子が生き残る)なんかやってしまったら

「絶対に結果が出せない」ことがわかるので

「自分で解決する力」を育てて成功体験を積み自信をつけていきます。

私は算数と理科を担当することが多いので、算数で一例をあげると

 

 

以下は3と5の倍数を抜き出したものです。

3,5,6,9,10,12,15,18,20,21,24,25,27,30,・・・・・99,100,102

最後の102は何番目ですか?

 

解答は

15で割った余りは{3,5,6,9,10,12,0}だから7個の周期になっている。

102÷15=6余り12 より、7周期目の6番目だから、7✕6+6=48番目

これだと???の生徒が大半。最近の入試問題はパターン暗記で来る生徒を嫌うので

途中の24が抜けていたりのような条件が加えられることも多いため

解くスタンスとしては「根性で数える」の方が良いです。

模範解答のような、スマートな解き方は「ものに出来なかったらすぐ忘れ、プレッシャーがかかる本番ではまず使えません」

集団では自慢出来て、出来る子の自信を強固にすることはあると思いますが、大半の生徒には無用です。

 

このくらいであれば、全部数えてもOK。

1000を超えるようであれば、「3と5の倍数のときは、どうするんだっけ?」の一言で、ミスなく数えていくようにします。

ここで「余りの規則」と「植木算の考え方」を使えばといえば勝手にやっていくようになります。

根性で数えるので「インクをこぼして見えなくなった数字は数えません!」のようにひねられても大丈夫です。

 

 

まず、自力でやっていける自信をつけないと「算数の問題を暗算で一気に解いていくようなことは起きません」

そこまでいかなくても「自分でやっていける自信をつけることは、この先の人生にとっても大いに有益です」

パターン解法を覚えてスマートに解くというのは、肝心なプレッシャーのかかる場面では使えません、小学生ならばなおのことです。

 

いま6年生で、偏差値50をいったりきたりでは安定感に乏しいです。

いま6月中旬、2月の本番まで7か月あるので、まだギリギリ難関中学(香蘭、横浜共立、サレジオあたり)合格のチャンスはあります。

あと1人だけお受けすることが出来ます。

 

もちろん小4、小5で中学受験を考えている方も大歓迎です。

週2日で1日90分の授業で難関中へ導きます。

いまの小6生も習い事は続けていて、暇人とか言われていますが、模試の偏差値はいつも60くらいあります。

 

ご興味ある方は、是非、お問い合わせください。

無料体験もあります。